普通起業家とは何かを説明します。

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 普通起業家とは何かを説明します。

what’s 普通起業家?

先日、IT弁護士の方とお話をしていて「なぜ起業したのですか?」と聞かれました。その逆に僕も他の会社の社長さんとお食事に行ったりするとやはり「なぜ起業したのですか?」と聞いてる自分に薄々ながら気づいておりました。

薄々・・・うすうす?これは忌み言葉です。詳しくはハゲをご参照ください。

既婚者が「どうして結婚しようと思ったの?」と聞かれるように、面接で「当社を志望された動機は?」と聞かれるように、ハゲが「ナゼハゲテイルノ?」と聞かれるように、起業経験のある方は一度は聞かれていることかと思います。

世の中の起業動機は様々だと思います。「世界を変える!」、「金持ちになる!」、「自分を試したい!」、「アイドルと結婚したい!」、「世のため人のため」、「好きなことで、生きていく」などなど色々な動機がありますよね。記事を読んだり、人に聞いた実感値だと、意味合いも含めてだいたい8割くらいがこんな感じでしょうか。

さて、そんな僕の起業動機は全部です。節操ないのですが、僕が今こうしているのは先にあげたもの+αです。翻って、成功しているベンチャー企業の経営者やすごい革新的なサービスを生み出してベンチャーキャピタルが投資したくなっちゃうような起業家ならば理由を一つに絞り、ズバッとわかりやすく事業計画とともに明確なアプトプットが返ってくるでしょう。

ごめんなさい、僕はそんなんじゃないんです。普通なんです、至って。そう、僕こそが”普通起業家の中の普通起業家”なんです。言い換えれば、普通起業家の世界の中心で普通を叫ぶ、フツーオブフツー!

取り乱しました、すみません。くるりんぱ。

誇張した表現かもしれませんが、一般的な起業家とは志にあふれ自分を磨き様々なスキルを高めていく、能力や精神面の裏付けがあった上で自分の信じる道を妄信的に突き進む人たちです。そして往々にして、何らかの能力やコネクションを持ちそれらをうまく活用できた選ばれし人たちです。ギラギラもキラキラもしているデキル人たちです。

残念ながら僕は人を引っ張ってグイグイ行くタイプでもなければ、何かの能力に長けていることもなく、輝かしい経歴もありません。それ故、広告代理業ベンチャーによくある前職からの顧客やパートナーとのコネクションというのもありません。

ではどうして畏れ多くも起業という無謀な選択をし、それを続けているのか。

普通だけど色んなやりたいことがあって、いつか楽しいことがあるんじゃないか、信じ続けることは大変だけど、もしかしたら万馬券が当たるかもとハイパーハッピーライフを目指す切符だけは買っておきました。

個人事業主として独立してから4期目の企業として曲がりなりにも生きている僕をみてください。誰でも起業できるし、ある程度は生きていけると思えるんじゃないでしょうか。普通だけど起業家として挑戦できるかも、そんな普通起業家が増えていくと、普通起業家協会の会長の僕も本望です。

本当のことを言うと最初の動機は不純です。20歳の頃に見た六本木ヒルズのホリエモンに憧れたんです。鈴木あみ改め鈴木亜美さんと結婚したかったんです。けれど、年を重ね色んな体験をし色んな人と出会って動機も希望も膨張する宇宙理論同様にどんどん増えていきます。人生は摩訶不思議アドベンチャー。

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 普通起業家とは何かを説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です